2018-2019年度会長挨拶

国際ロータリー第2530地区

浪江ロータリークラブ会長  泉田 征慶

浪江ロータリークラブの第50代会長として1年間務めさせていただくことになりました。
どうぞよろしくお願いいたします。

半世紀の長きにわたり先輩たちが築きあげてきた歴史と、歴代会長の思いが詰まったバッジを受け継ぐ重さを考えると改めて気が引き締まる思いです。

震災から7年が過ぎ、テリトリー内でも未だ多くの場所が帰還困難区域とされ、全域解除になるには、さらに時間を要するものと思われます。一方、部分的ではありますが、復興事業も進んでおり、既に事業を再開された会社も増えております。避難指示の解除がされた地域では、帰町され生活をしている様子も伺えるようになっております。

浪江町においては、今年4月からは旧東中学校を改造した小・中学校が開校し、同敷地内にこども園も開園しました。まだ、子供達の数は多くはありませんが、未来へ向けた大きな一歩であると確信しております。

今年度の例会も昨年同様、浪江町での例会開催を計画しております。震災前に例会場だった如水さんにおいて開催させていただけるよう調整をしていきたいと考えております。

昨年、一部の地域が解除され、気持ちのうえで多少距離が近くなったとはいえ、ほとんどのメンバーは避難先での生活が続いております。県内各地で開催する例会には毎度、遠方より駆けつけての出席となり、負担は軽いものではありません。1回の例会の重さを考えながら、充実した例会にしたいと考えております。

まだまだ委員会事業が活発に出来る状況にはありませんが、この地域の復興に関連した活動が出来るよう取り組んでまいりたいと思います。

来年度は創立50周年を迎えます。大きな節目に向けて準備の年であると考えております。実行委員会とも連携をとりながら迎える50周年が輝かしいものとなるよう進めていきたいと思います。

今年度RIのバリー・ラシン会長は「インスピレーションになろう」をスローガンに掲げ、一番大切なのは、前向きな変化を生み出し、私たちが今日直面する課題に勇気と希望、そして創造性をもって正面から立ち向かう意欲を、クラブ、地域社会、そして組織全体から引き出すための「インスピレーション」となる必要がある。と言っておられます。まさにこの言葉が浪江ロータリークラブの向かう道だと考えます。

一年間ご指導、ご協力をお願いいたします。