2019.1.17 泉田征慶会長挨拶

新年明けましておめでとうございます。

例会が開催される数日前にいつも、事務局から出欠の連絡をもらいます。今回の出欠の連絡表を確認したところ、本日入会した、朝田英洋会員、横山秀明会員を合わせて50名になっていました。県内のクラブで50人を超えているクラブは何クラブあるのかと思い、数えてみました。今年度の始まりの時点の数字なので現在の数字ではありませんが、県内65クラブの内13クラブありました。すべて市に所在するクラブなので、町村にあるクラブでは最も人数が多いクラブになったものと思います。出席率も高い位置をキープできるよう引き続きご協力お願いいたします。

一昨日、相双分区ガバナー補佐、分区幹事の引き継ぎ会を伊藤公明ガバナー補佐エレクトを中心に行いました。浪江からガバナー補佐が出るのは、震災の影響もあり、実に11年ぶりで前回は2008~9年の今野庄治さんでその前が2002~3年の熊川パスト会長です。ガバナー補佐が主催するIM(インターシティーミーティング)は、今年は3月3日相馬市で開催されますが、震災後、これまでは浪江RCからの出席率は非常に少ない状態でした。次年度は伊藤公明ガバナー補佐を輩出することになりますし、会の中で次年度開催の挨拶もあります。出欠の案内は来月になるかと思いますが、是非多くの方に出席をお願いいたします。

来月の例会ですが、卓話を事務局の伊藤まりさんにお願いしました。なかなか承諾してもらえませんでしたが、何とか無理にお願いをしてやっていただくことになりました。年一回行っているらしい、ボランティア活動についてお話いただけるものと思いますが、内容については私も詳しく承知しているわけではないので、お話しできませんが、みなさん驚かれることと思いますので、是非来月の例会も多くの方に出席していただきたいと思います。

年度半分が過ぎ、次年度体制も始まってくる中、50周年関連の委員会も開催されるようになり、ますます忙しい時期になりますが、引き続きご協力お願いします。

最後に今年一年皆様のご健康、ご多幸を祈念しまして、ご挨拶とさせていただきます。